忍者ブログ
ただメタボ対策のためでなく-自転車で銭湯めぐり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年6月29日(金)、昼過ぎに仕事終了。梅雨も中休みで天気もよいので銭湯めぐりに出かけた。

「ツール・ド・銭湯2012」第4ステージは、杉並区の「天徳湯」。東京女子大のすぐ近く、ほぼ武蔵野市との境にある戸建銭湯だ。

天徳湯(杉並区)


開店時間の16時を少し回ったころに到着。破風造りの建物の左側の壁沿いに先客のものと思われる自転車が2台停められていた。そこに並べて自転車を停め、入口に向かった。

入口


入口には暖簾と提灯。いずれにも屋号と「ゆ」マークが描かれている。

暖簾をくぐって中へ。たたきにはスロープもある。下足箱は木札の松竹錠。数歩進むとフロント。おかみさんに料金を支払い、向かって右にある男湯の脱衣所に入る。

天徳湯のご主人は巨人ファンに違いない。十数畳ほどの脱衣所内のいたるところに読売巨人軍の選手のポスターや写真などが飾られている。写真の多くは王と長嶋のもので、現役選手では松井秀喜(巨人時代)と高橋由伸を見つけた。よーく見れば他の選手のものも見つけられただろう。

脱衣所内の主な備付品は、アナログ体重計、大型扇風機、洗面台、エクササイズ器具数点、ソファ、小さな机と椅子。ドライヤーは…たぶんあったと思う。

入口左の掲示物
手ぶらセット(タオル、ボディシャンプー、リンスインシャンプー)130円

ロッカーユニットは3つ。男女境壁にあるユニットは5列×2段だが、下段の5箱は使用できないようだ(月極め用として確保してあるのかもしれない)。外壁の浴室寄りにあるユニットは5列×4段だが、同じく最下段の5箱は使用できない。他の3段については、箱になっているのは両端と中央の計3列(計9箱)で、残りの部分は棚になっている。外壁の浴室対面寄りにあるもう1つのユニットは3列×3段。このユニットも箱になっているのは両端列のみ(6箱)で、中央の列は棚になっている。

つまり、一般客が使用できるのは5+9+6の計20箱(すべて3:4型)である。また、脱衣カゴもいくつか用意されている。

看板
「美と健康はご入浴から」

浴室へのドアは半自動である。つまり、開くときは手動だが、手を離すと自動で閉まる。どういう仕組みかというと、ドア開口部の床面がひと目見てわかるほどの角度で傾いていて、そこにアルミサッシのレールが敷かれているのだ。そして、サッシ自体も平行四辺形になっている。

浴室は広く、天井は二段式である。奥壁は河童のタイル画。桶は黄色ケロリン、椅子はプラスチック製の角型。

右側にはコインランドリー


カラン配置は男女境壁から外壁に向かって7+(6+6)+(6+0)+6。外壁の6か所はハンドシャワー付きのカランで、隣とは2メートルほどの高さのついたてで仕切られブース状になっている。ドアに最も近い位置にあるブースには『特別室』と書かれたプレートが付いているが、他のブースとの違いは特にないみたいだ。

この手前の島カラン(6+0)は、男女境壁側の面のみにカランが6か所あり、外壁側の面は何もない壁になっている。これら島カランと、男女境壁のすべてのカランにはシャワーヘッドが付いている。

いよいよ湯に浸かる。浴槽は全体がつながった1槽だが、機能別に3つの部分に区切られている。

向かって左は深湯。2人分の大きさで壁に湯温計が付いている。40°Cの少し上を指していて、体感でもそのぐらいだ。

真ん中はリラックスジェット湯。浴室内に「リラックスジェット湯」という標示があるわけではないが、一般に座面と背もたれ(壁)が直角程度のものを「座湯」、リクライニングしたものを特に「リラックス湯」と呼ぶようなので、ここでもこれに倣っておく。1人分に区切られたスペースが2つあり、奥壁にジェットの作動スイッチが付いている。このスイッチを押すと、両方のスペースにジェット水流が噴出される。

右は浅湯で、大きさは大人の男が足を伸ばして入るなら4人分。向かって左にはジェットの噴出口が2人分あり、こちらも奥壁にスイッチが付いている。また、向かって右には格子が嵌っていて、奥から湯が浴槽に流れ込んでいる。この格子の傍らに背中をつけていると、あたかも清流がそばを流れているようで、わたしにはリラクシングサウンドのように感じられた。

音といえば、脱衣所にも浴室内にも演歌が流れている。普段は演歌を好んで聴くことはないけれど、演歌をBGMに風呂に入るのも悪くないと思った。

コインランドリーの看板


湯は熱くはないが、何度か入ったり出たりしているうちにずいぶんと暖まった。脱衣所に戻り汗を拭きながらゆっくり服を着て、ロビーへ出た。

どこまでがフロントでどこからがロビーなのか厳密にはわからないけれど、フロントの正面に1畳ほどのスペースがあって、椅子とテーブル、薄型テレビが置かれていた。また、フロントの女湯側には飲み物の販売ケースがあり、なかなかの品揃えのようだった。

女子大通り


6月30日からいよいよ「ツール・ド・フランス2012」が始まる。今年はアンディ・シュレクとコンタドールが不在ではあるが、個人総合優勝争いはウィギンス、ヘシェダル、そしてディフェンディング・チャンピオンのエヴァンスなどが中心になりそうだし、わたしの好きなフォイクト(40歳!)が鬼引きする姿が今年も見られそうなのが嬉しい。

また、プロローグ優勝はカンチェッラーラ? トニー・マルティン? カヴェンディッシュは何回ステージ優勝するんだろうか? 若手最注目株のサガンはどこまでパフォーマンスを見せつけることができるか? ただひとりの日本人出場選手、新城幸也の活躍は? 楽しみ満載だ。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

天徳湯 (杉並5番)
東京都杉並区西荻北4-24-5
03-3390-1561
営業時間 16:00~23:00
定休日 月曜

『1010』あり

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(03/09)
最新CM
[06/02 ばん]
[05/25 通行人]
[04/09 ごん太]
[03/23 茜丸]
[03/20 茜丸]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご注意
ここに記載されている内容は、浴場訪問時または記事投稿時に得た情報に基づいています。浴場の営業時間、定休日、設備など、現在のものと異なっている場合があります。
ブログ内検索
カウンター
天気
バーコード

Copyright © [ ツール・ド・銭湯 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]