忍者ブログ
ただメタボ対策のためでなく-自転車で銭湯めぐり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ツール・ド・銭湯2009」第34ステージは10月1日(木)。ここ数日天気があまりよくなかったが、この日は雨の心配もなく、陽射しさえ見られた。しかし天気予報によれば、翌日からまた降水確率の高い日がしばらく続くということなのでスケジュールを調整して出かけた。

しかしながら時間に余裕がないので今回は目的地を近場の「アサヒトレンド21」(三鷹市)に決めた。アサヒトレンド21はJR中央線の三鷹駅南口から徒歩3分ほどのところにあるビル銭湯である。

自転車がずらり


とてもきれいなビルである。1階が銭湯で、その上が住居になっているのだが、住居部分は大きくない。おそらく浴場主の自宅がメインではないかと思う。浴場名の「アサヒトレンド21」からは「新時代」というイメージが湧いてくるが、以前は「朝日湯」という名前であり、この名前は壁に残されている。

営業案内


この日は開店時間の少し前に到着、すでに何人かのお客さんが待っている。しばらくして定時に開店、中へ入る。

入口


玄関は広い。下足箱はアルミ板の鍵で施錠するタイプだ。左手に自動ドアがあって、入るとロビーとフロントになっている。ロビーは広く、ソファーにテーブル、テレビ、ソフトドリンクの自販機が2台、マッサージチェアが置かれているが、それでも狭苦しくはない。

おかみさんが座るフロントの左右が脱衣所への入口になっていて、それぞれに暖簾が掛かっている。右側の通路を進み、階段を2段ほど下りると男性用の脱衣所である。

脱衣所はビジネスホテルの大浴場のような雰囲気である。男女境の鏡の前に洗面台が2基あり、左側にドライヤー(使用料20円)がある。中央やや外壁寄りに腰掛けを兼ねた台が2つ置かれていて、主な備付品はアナログ体重計、液晶テレビ、古いマッサージチェアである。

ロッカーは外壁に4列×3段、浴室対面の壁に14列×3段。これらは幅約30cm×高さ約40cmのもので、ドイター・スーパーバイクがすっぽりと収まった。浴室対面の壁にはさらに幅約20cm×高さ約80cmの縦長型ロッカーが7列×2段あるのだが、こちらはすべて鍵が抜かれている。どうやらサウナ利用客専用のようだ。

浴室もビジネスホテルの大浴場のような雰囲気で、奥行に比べ間口が広い形状をしている。奥壁はタイル張りでペンキ画はない。天井高は伝統的な二段式には及ばないが、圧迫感はない。

浴槽は入口から見て左側の壁(男女境壁)と奥壁に沿って配置されている。境壁と奥壁の角にはでんき風呂と高温風呂からなる槽、奥壁にはマッサージ風呂と座風呂、サウナ室の出入口を挟んで低温風呂がある。

でんき風呂は1人分の大きさ、高温風呂は5人分ほどである。壁の角の「岩」から湯が注ぎ込んでいて、中央部がバイブラになっている。湯温計は44°Cを指しているがそんなに熱くはない。41~42°Cぐらいだろう。マッサージ風呂と座風呂は各2人分。湯温計は39°Cであった。低温風呂は3~4人分の大きさで湯温計は40°C、体感上もほぼこの温度であった。

看板
裏手からはこの看板が目印になる

加えて外壁側には露天風岩風呂(2人分、35°C)がある。露天“風”風呂であって露天風呂ではないことに注意してほしい。四方を壁に囲まれていて天井もあるので開放感は望めない。岩風呂の隣には大きな水風呂(3~4人分、25°C)もある。

アサヒトレンド21にはサウナ利用客だけが立ち入ることができるスペースがある。そこにはもちろんサウナ室があるわけだが、ガラス越しに見たところではサウナ室は銭湯のものとしては広い部類に入るようだ。このほかに専用の水風呂(露天風スペースのものとは別)と休憩スペースがある。休憩スペースはウッドデッキ風でプラスチック製の白いチェアが置かれている。ここも壁と天井がある。

桶は黄色ケロリンと形状は同じだが何も印刷されていない。椅子は市販型であった。カランは脱衣所側の壁に7、外壁側に4、奥壁と平行に(6+6)の島カランの計23。脱衣所側と島カランは全箇所シャワーヘッド付きで、外壁カランはシャワーヘッドの代わりにハンドシャワーが付いている。また、ハンドシャワーのみの箇所が1つある。シャワーブースは境壁に3つ設けられている。

第二駐車場もある
この角を曲がった先にさらに3台分の駐車場がある

駐車場は建物右の角を左に曲がったところに3台分、その先の角をさらに左に曲がった先に3台分ある。自転車を置くスペースは建物正面に十分ある。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

アサヒトレンド21には平日にもかかわらずたくさんのお客さんが来ていた。しかも年齢層が広い。まさに老若男女であった。

アサヒトレンド21は名前から連想されるとおり新しい銭湯である。そして、きれいで快適な銭湯である。サウナ料金は800円(入浴料込み)と少々高めに思えるかもしれないが、広いサウナ室に専用の休憩スペースが利用できるなど、料金に見合った満足感が得られると思う。もちろん、わたしのようにサウナを利用しない客も満足できるのは言うまでもない。


アサヒトレンド21 (三鷹1番)
東京都三鷹市上連雀2-7-1
0422-43-1777
営業時間 15:30~24:00
定休日 金曜
サウナ 800円(入浴料込み)


大きな地図で見る

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 時間制限の銭湯
2時間以上いると常識外と怒られる銭湯 面白くなかったら来るな!だって。銭湯で温泉質でもないのにサウナ込みで800円払っているし、サウナ時間も込みで2時間だとさ。時間制限有るなら、店内に貼っておいてください。ホームページにも書いておいてください。と、電話したら、ガッチャリ切られた。店舗を構えている人の電話対応と思えない。銭湯内にカメラが有るうわさも・・・2度と行きたくない銭湯ナンバーワンだ。
怒りマックス 2014/05/06(Tue)23:22:00 編集
» Re:時間制限の銭湯
怒りマックスさん、コメントありがとうございます。

この銭湯に時間制限があるとは知りませんでした。

わたしはサウナを利用しませんが、それでも状況が許せばなんだかんだで1時間近く建物内にいることもあります。そう考えると個人的には、サウナの時間も含めて2時間というのは非常識なほど長い時間とは思えないですね。

でも、浴場側がそういうルールを設定しているのであればこちらとしてはそれに従うしかありませんが。
2014/05/11 12:32
» 無題
2時間で?
風呂とサウナなら2時間は、許容範囲でしょ?と思いました。せめて三時間かな。
他のレビューで評価高いので
気になってたんですが
時間を気にして利用するのも面倒いので、ないかな。。
対応悪い店員も個人的に嫌いなので
通行人 2015/05/25(Mon)17:03:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
(03/09)
最新CM
[06/02 ばん]
[05/25 通行人]
[04/09 ごん太]
[03/23 茜丸]
[03/20 茜丸]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ご注意
ここに記載されている内容は、浴場訪問時または記事投稿時に得た情報に基づいています。浴場の営業時間、定休日、設備など、現在のものと異なっている場合があります。
ブログ内検索
カウンター
天気
バーコード

Copyright © [ ツール・ド・銭湯 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]